気圧ルーム | 店舗概要
店舗概要
気圧ルーム店舗について
店舗

名前 気圧ルーム(旧 進盟ルーム大牟田)

住所 〒836-0051 福岡県大牟田市諏訪町1丁目96番地

開業 平成25年4月 (移転:平成27年11月)

電話 0944-52-0650

FAX 0944-53-3524






アクセス(Google)


駐車場

バス 西鉄大牟田営業所(徒歩8分)

電車 大牟田駅西口(JR,西鉄共有)車で5分

クルマの方 有明沿岸道路大牟田ジャンクションより3分

駐車場完備 店舗前に12台ございます

無料送迎あります 西鉄大牟田営業所、大牟田駅西口(要予約)






気圧ルーム(進盟ルーム)の出会いを振り返って

出会い
「妹が、夢みたいな事を言っているよ」この父の言葉が、進盟ルームとの出会いでした。妹が、福島の友人に「母の体の調子が良くない」と話したところ、「福島にすごいものがある」と教えてもらいました。それが進盟ルームでした。半信半疑で福島への訪問を計画していたところ、鹿児島にも設置されたとの話を聞き、さっそく鹿児島に体験に出向きました。

驚き
鹿児島で進盟ルームに入室してみると、10分程で体が芯の方から暖かくなり、その後、手足がポカポカするではありませんか。私は、5~6年前に突然冷え症になり、就寝前に一度足を冷やしてしまうと温かくならず、夜起きだして足を風呂で温めて眠る日々でした。それが、退室しても手足先が温かいのです。忘れていた感覚でした。その感覚は、1週間程続きました。これなら、きっと母の体調にも効果があるかもしれないと考えました。

体験の旅
その後、立川、横浜、虎の門、福島、広島と訪問いたしました。私が福岡から来たことがわかると同席のみなさんから、効用について驚くようなお話を聞かせていただきました。それに、気が付くと私の冷え症は、改善され、一度冷えると二度と温たまらなかった私の足が、温まるようになっていたのです。この体験で進盟ルームを故郷に設置し、母に試してもらいたいと考えるようになりました。

想い
母は、私が幼少のころ、体調を崩すと体を温める飲みものを与え、布団を重ねて体調を戻してくれました。温めること、体温を上げることが、体に良いことを知っていたのでしょう。今度は、私が進盟ルームで母を温め、体調を改善したいと思っております。そして故郷のみなさんに、この不思議な効用を伝えることが、進盟ルームと私の出会いの意味だと信じて、2013年4月開業いたしました。

その後
リュウマチが原因で、足がむくみ、歩くのが困難だった母は、むくみがとれ、歩けるようになり、炎症の数値が減少して、今日もルームに入室してくれています。人の命の価値は、わかりませんが、この進盟ルームとの出会いが無ければ今の母は、なかったと思っています。
開業して、3年半を過ぎ、改めて、進盟ルームの素晴らしさを感じております。この間に、少しずつ認知され、「生体治癒力向上装置」の特許が認められ、家庭用の小型機が製造され、NHKテレビにも取り上げられるようになりました。きっと近い将来に、公共の施設に設置され、気軽に利用できるようなると信じております。そして、もっと多くの人に喜んでいただける日が来るでしょう。 最後に、この「生体治癒力向上装置」を発明していただいた、川上進盟氏に感謝と敬意をささげます。

尚、2015年11月に移転して、名前も「進盟ルーム・大牟田」から、「気圧ルーム」に変更いたしました。

平成29年1月
気圧ルーム 代表 國盛紫磨人