気圧ルーム | 福岡県大牟田市
image image image image image image image


気圧ルーム

気圧ルームは、あなたの治癒力を高める部屋です

気圧ルーム 装置

気圧ルームとは、「生体治癒力向上装置」のことで、開発者の名前から、進盟(しんめい)ルームや調圧ルームと呼ばれています。

この装置は、川上進盟(ゆきちか)氏によって、発明された装置で、気圧を下げたり、元に戻したりする(調圧)装置の事で、人が本来持っている治癒力を高めることができる装置として「生体治癒力向上装置」の特許(第5666343)を収得しています。これは、この装置の効果が公に認められたことになります。

酸素カプセルとの違い医療機関でも利用され、NHKテレビ「ためしてガッテン」でも、紹介されました。 また、2016年11月には、日本体育大学水泳部にも設置され、健康だけでなくスポーツの分野でも注目を集めています。